古作登

NOBORU KOSAKU



聞き手
古作登
生年1963年
主な研究領域
(専門分野)
将棋・囲碁をメーンとした頭脳スポーツ全般
共同研究等が
可能な研究領域
  • 頭脳スポーツに関する研究(歴史、理論、学習法、心理)
  • 媒体・商品開発
学歴早稲田大学教育学部教育学科教育心理学専修卒業
学位教育学士
主な職歴
  • 株式会社毎日コミュニケーションズ『週刊将棋』編集長、囲碁書籍編集長、アミューズメント編集課長、ネット事業課長
  • NHK・BS2「囲碁・将棋ウィークリー」司会
  • NHK・BS2「将棋界の一番長い日」司会
研究業績【著書】
  • 『よくわかる将棋入門』小学館
  • 『人間に勝つコンピュータ将棋の作り方』(共著)技術評論社
【編集協力】
  • 『万波佳奈の囲碁上達ハンドブック』毎日コミュニケーションズ
  • 『ボナンザVS勝負脳』角川書店
【論文】
  • 「本因坊算砂の人物像と囲碁将棋界への技術的功績を再検証する」『大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要』第15号
  • 「平安時代の「酔象」駒発見から日本将棋の進化過程を推測する」『大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要』第16号
  • 「子どもとおとな、将棋能力の学習と発達~どのように学ぶか、なぜ子どもは伸びるのか、おとなでも早く上達することは可能か~」『子どもと発育発達』13巻3号
学会IR*ゲーミング学会
趣味将棋、囲碁、テニス、ゴルフ、スキューバダイビング

コラム

大きな可能性を秘めている頭脳スポーツの研究

将棋や囲碁といった奥の深い盤上ゲームは近年「頭脳スポーツ」と呼ばれるようになってきた。スポーツと名がつくだけあって、棋士がタイトル戦などで朝から晩まで対局すると、長距離ランナーのように一日で数キロ体重が減るということもあるというから、フル回転するのは頭脳だけではないはずだ。
野球やサッカーといった主に筋肉を使うスポーツと比べると、頭脳スポーツの世界は開拓されていない分野が多い。アスリートの世界では専門機関で効果的な練習方法が研究され、選手のための栄養管理や心理専門のトレーナーもいる。一方、頭脳スポーツの世界、特に日本では年間獲得賞金が1億円を超えるトッププレーヤーが出るほど囲碁・将棋の世界が栄えているのに、コーチング理論や競技そのものの科学的な検証といったことに関しては、まだ体系的に整理されている状態ではない。
最近注目されてきた、囲碁・将棋が脳の働きにどのような影響を与えるのかといったテーマや、盤上における勝負の心理学、学校教育との関わり、また歴史的な側面の研究など、頭脳スポーツに関連したフィールドは果てしない広がりを秘めている。

tt-shape-top-footer

川崎市産業振興会館9F特設イベント会場

所在地:〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66-20

  • 京浜急行本線、京浜急行大師線が乗り入れる京浜急行川崎駅から徒歩7分です。
  • JR東海道線、JR京浜東北線、JR南武線が乗り入れるJR川崎駅から徒歩8分です。

contact info

map_keikyuu

 

財団概要サイトにより詳細な道順が紹介されておりますのでこちらからご確認下さい。